アイネット株式会社

アイネット株式会社は、顔の見える見守りサービス(緊急通報システム)を提供しています。

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 

検索

 

アーカイブ

 

最近のエントリー

 

最近のコメント

Powered by
WordPress 3.2.1

2019年5月17日

「令和10連休のゴールデンウィーク」~会津若松~

今年のゴールエンウィークは、天皇陛下の退位の日と新天皇の即位の日が加わり
これまでにない大型の10連休となり、平成から令和の幕明けとなりました。
10連休に関しては、賛否両論ありますが、長期休暇が取れることは良いことだと思います。
町中でも旅行者を見ますが、非日常を楽しんでいる姿に、うれしい気分になりました。
この連休中保育園も休みの中で、仕事休めなかった家庭にとっては、預け先探しに厳しい物が
あったのではないでしょうか。

我が家は、大人3人でやりくりしていました。5/1は祖母の私が1日二人の孫(6歳と4歳)の面倒を見ることとなりましたが、手が掛からず知恵もついて来たので、二人と過ごす時間は楽しくあっという間に過ぎました。

連休終盤の5/5は子供の日で、この日は家族全員が揃い、毎年行っている北塩原村の桜峠に花見に行って来ました。
ここは、「2001年の敬宮愛子内親王殿下御誕生を記念して、オオヤマザクラ2001本植樹」した
所です。山々は木々の新芽で、淡い薄黄緑色を帯びて来て春の息吹が感じられました。

これから木々の新芽は新緑に変わって行き、桜峠の桜の木も年年大きく伸びて大木となり
今よりも更に見事な桜の花を咲かせることでしょう。
5/1から「令和」の時代に、子供達、孫達も健やかに伸び伸びと育って欲しいと思っています。
令和の時代が、平和で良い時代であって欲しいと願っています。
~岩渕~

 

 

 

 


 

2019年4月28日

「観音寺川の夜桜」~猪苗代~

先日の連休中に猪苗代の観音寺川に夜桜を見に行ってきました★

我が家の本家は猪苗代の川桁にあるので、毎年見に行っていますが、今年は連日テレビで紹介されているだけあって、夜でも人がたくさんいました

今年の桜は気まぐれなお天気のせいか、きれいに咲きそろったな、と思いました(*´ω`*)

利用者さんには、「今年は鳥があんまり蕾を食べて行かなかったからかな」と教えていただきました

桜の花言葉は「精神美」「優美な女性」「純潔」で、「精神美」は、桜が日本の国花ということから、日本の品格を表すシンボルとして、美しさを託した言葉という推察があるそうです★
わたしも桜のように美しく純潔な女性になれたらいいな、と思います…
きっと、ひまわりが咲く頃にはひまわりのように直向きな女性になりたいと思ってるだろうな、と思いますが、それも含めて季節の移ろいを楽しみたいと思いますU^ェ^U

花より団子な私と犬でした★

 

~壽田~


 

2019年4月27日

「新年号」~会津若松~

天皇の退位に伴い、今まさに平成から令和という新しい時代に移り変わろうとしています。令和という新年号は万葉集から起用されましたが、改めて日本語って意味深いなぁと気づかされる機会となりました。


娘が小学校4年生の時、妊娠・出産・育児という忙しい時、担任の先生から、道徳の授業で「家族・命の大切さ」について講義をしてほしいと頼まれ、子供達に話をする機会がありました。子供達には、普段は空気のように自然と過ごしている家族の存在の大切さや、命を与え、育んできた両親への感謝の気持ちなど、思い返し、小さな胸に少しでも私の言葉が届けばという思いで講義をさせてもらいました。そして、命とは、人間だけの命ではなく、我々が生きていく上で様々な命(動物・植物など)も頂いており、食事の時の「いただきます(=命をいただきます)。」「ごちそうさまでした(=命をいただきました)」も大切な感謝の気持ちの言葉だよと、付け加えました。


「令和」とは「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。梅の花のように日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように。」という意味があります。「令和」というたった2文字にもかかわらず、沢山の想いが込められています。今までを振り返り、日本語の意味深さと教訓を感じ、日本人で良かったなとつくづく思います。


PS    職員の方のお言葉。「行ってらっしゃい。は、行って帰ってらっしゃい。」、「行ってきます。は、行って帰って来ます。」。とても心に染みます。これから、「令和」「オリンピック」という華々しい年になっていきますが、8年前の大震災が風化されないことを祈ります。

~高島~


 

2019年4月15日

「見えないおもてなし!?」~福島~

4月になると長い冬が終わりやっと春が来た、と思います。
どこかへ出かけたくなり、なんとなくワクワクそわそわしてきます。
今年はどこへお花見へ行こうかな?
あれこれ考えてた時にブログの順番が廻ってきました。
毎回どんな話題にしようか悩みます。
ちょうど心温まる出来事に遭遇したので紹介致します。

4月に入ったばかりの日曜日、土地勘のある人達が主に利用すると思われる峠道を清掃されている方々に遭いました。
多分、春の一斉清掃でしょう。
沿道を見ると雪が溶けたばかりの峠道は、木々に葉っぱがないことでペットボトルや缶飲料、食べ終えた弁当を袋に入れたまま投げ捨てたゴミや風で落ちた葉っぱも散乱してました。
その道を数人に分かれ、捨てられたゴミを拾い、道の落ち葉を掃き掃除されてました。
清掃されていた方々は、峠を降りた所に点在する集落の住民でしょうか、年齢は多分50~70歳代?その中に小学生も2~3人一緒に作業してました。総勢20人程。
皆さんの姿に頭を下げ、清掃された道を下りながら、爽やかな心持ちになりました。

これから山道の木々に葉が繁ってきます。来春にはまた同じように汚されてしまうのかな?そうならないことを願います。
ゴミのない道や場所は、その土地で生活されている方々が、その場所を綺麗にし、さりげなくおもてなしをされているように思います。そのような心意気に感謝しながらこれからの季節、出かける先々の観光を楽しみたいと思います。

写真は文とは異なる福島の名所の一つ花見山です。ここも沢山の方々が陰日向になりおもてなしに取り組んでいる観光地だと思います。
私が訪れた時は、桜は咲き始めでしたが、色々な花花が楽しませてくれました。
ああ~春はやっぱりいいな。大好きです。

~鈴木~

 


 

2019年3月25日

「鶴ヶ城プロジェクションマッピング」~会津若松~

震災からの復興と前進を願い、毎年開催されているようです。


会津若松では、5回目との事ですが、私は初めて観覧させて頂きました。
白河の小峰城でも行われているようです。

音楽に乗せて、鶴ヶ城に映される映像が、何とも言えず綺麗で、穏やかな気持ちになりました。
春も近付き気温や気圧の変化も激しい季節です。お身体お大事にお過ごし下さい。
~金澤~


 

「日本一の福寿草」~喜多方市山都町~

喜多方市山都町沼ノ平地区の福寿草まつりに行ってきました。
5万平方mの広さに100万株もの花が咲き、まさに福寿草の里といった趣です。
年々訪れる人も増えているそうで、その素朴な雰囲気、花の多さが人気を呼んでいるようです。
一帯は、もともと福寿草の自生地であり、休耕田が増えたことによって株の数が徐々に増えていったそうです。
車の入らない昔ながらの素朴な道も多く、のどかな山間の風情も十分に楽しむことができます。

福寿草は日本全国に分布し山林に生育しているキンポウゲ科の多年草です。
初春に、3-4cmの黄色い鮮やかな花を咲かせ、日光が当たると開き、日が陰ると閉じる習性を持っています。
福寿草は別名を、元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)と呼ばれ、
初春を告げる代表的な花の一つです。

かわいい花に癒されました❗
何と水芭蕉も見れます。
早起きは三文の徳だなぁ…
~川井~


 

2019年3月15日

「私の生きがい」~会津若松~ 

やっと雪も解け、ようやく会津にも暖かい春が訪れましたね。
2017年の同時期に生れた二人の孫が、今の私の生きがいです。


歩き始めたと思ったら、還暦間近のバアバアが追い付けない位チョロ助になりました。


この春には、大好きなアンパンマン。ディズニーランド。それぞれの家族が、思い出作りしました。
元気に育つ事が、私の願いです。孫たちの成長を見ながら、もう人頑張りと思うこの頃です。
~湯田~

 


 

2019年2月20日

「芦ノ牧温泉足湯」~会津若松~

まだまだ寒い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

こんな時は、暖かい温泉にでも浸かって、のんびりしたいですね。

今回は、家から近い芦ノ牧温泉の足湯に子供達と出掛けて来ました。

1カ所目は、お湯も綺麗で少し熱めの足湯です。

3~4分も足を入れてると、赤くなるほどでした。

2カ所目は「足がぽっぽ」という所だったのですが、雪の為やっていなかったです。

3カ所目は「子宝の湯」という所です。

金精神社の左側にあり、神社は家内安全・子孫繁栄を願った神社です。

ここは比較的ぬるめのお湯でした。

当日は雪もチラチラ降り、風もあったので温まり方も今一でした。

天気次第では、身体もポカポカになると思います。

皆さんも、一度は行ってみては如何でしょうか。

~折笠豊~

 


 

2019年2月15日

「ぬくもり DIY」~会津若松~

新しい年を迎えたかと思ったら、あっという間に2ヵ月が過ぎ去ろうとしています。

・・・時が経つのは、早いものですね。

雪は例年に比べると少ないけれど、朝晩の冷え込みはまだまだ厳しい会津市内です。

そんな中、当社の入り口を入って階段を昇りきった踊り場に、一足早く春が届きました。当社職員の看護師阿久津さん(主に夜勤勤務)の手作り薔薇です。布を型どって一針一針縫い合わせた物で、とてもシックでエレガントさを感じさせます。私好みの落ち着いた色合いです。

その先の扉を開けると、吊るし雛をモチーフにした人形がテーブルに横たわって出迎えてくれます。 どちらも細かい手作業で、その一針一針に手のぬくもり・心の温かさを感じ、出勤時、特に休み明けの足どりを軽やかにし気持ちを和ませてくれます。来社されるお客様にも好評で、その見つめる表情は、とても優しくほっこりされて笑顔になっています。 見て癒しになれば・・・と私用にも作ってくれ、自宅に帰って眺めてはほっこりしてます。阿久津さん、いつも心配りありがとうございます。・・・   感謝   ・・・

当社の階段を昇った踊り場には、利用者様から頂いた多くの手作りの作品も飾られてありますので、春の訪れと共に是非当社にも立ち寄って、目の保養・心の癒しを感じてみてはいかがでしょうか。

※    当社は年中無休   お気軽にいらして下さい ※

皆さんに刺激されて、私もDIY再び始めようかな・・・と思う今日この頃です。

~折笠多~

 

 

 


 

2019年2月9日

「会津絵ろうそくまつり」【会津若松市】~御薬園~

会津絵ろうそくまつりに行って来ました。毎年、
寒さの厳しい2月に鶴ケ城公園と御薬園で行われ
ていますが、今回は自宅から近い御薬園に行って
来ました。

会津絵ろうそくには花の絵が描かれていますが、
仏壇にお供えする花がない冬に、花の代わりに飾
るのが本来の使い方のようです。ですが、観光の
ためにドーンと燃やして「おもてなし」するのが
人気の理由かもしれませんね。

御薬園の一角では琴と尺八によるセッションが行
われていました!……いわゆる生演奏ですね。

しんしんと雪の降る寒い夜でしたが、心温まる時
を過ごせて良かったです。「さよなら平成!!」
の文字も心に沁みました。

~佐藤~

 


 

 

アイネット株式会社
〒965-0832 福島県会津若松市天神町30-52
TEL 0242-26-4934 FAX 0242-27-1013
E-mail info@mimamori.co.jp
Copyright © 2009 アイネット株式会社 All rights reserved.