アイネット株式会社

アイネット株式会社は、顔の見える見守りサービス(緊急通報システム)を提供しています。

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 

検索

 

アーカイブ

 

最近のエントリー

 

最近のコメント

Powered by
WordPress 3.2.1

2016年7月31日

三ノ倉(さんのくら)高原【喜多方市】

昨年の夏に喜多方市の三ノ倉高原で見た
ヒマワリです。
こんなに立派に咲いているのを見て、
パワーを貰いました。

この写真を見ると、相田みつをさんの言葉
を思い出します。

「いまここで ぶつぶつと不満や弁解を
しながら生きるか いまここを
生き生きはつらつと いのちいっぱい
いに 光かがやいて生きるか
それを決めるのは いまここの自分」

人のせいにしたり言い訳をしているうちは、
前に進まないですもんね。
私もそういう生き方をしたいです。
だけど人間だもの、愚痴を言いたい時も
あるし、落ち込むこともあるんだけどな…

「何をやっても思うようにならないとき
上にのびられないときに 根は育つん
だから」

相田みつをさん、ありがとう!
命が短いヒマワリも、長い生長期間を経て、
立派に咲いているんですよね。

今年も三ノ倉のヒマワリ見に行こうかな…
               ~川井~


 

2016年7月23日

会津田島祇園祭【南会津町】

友達に誘われて、会津田島祇園祭に行って
きました。

その日は快晴。南会津は山々に囲まれて
緑が美しく、吹く風は爽やかで心地がい
いです。

到着すると、龍巳会(たつみかい)による
太鼓の力強い演奏が聴こえてきました。
その姿は実に勇ましくカッコイイです。

さっそく田出宇賀神社と熊野神社を参拝し、
幸せと健康をお祈りしました。

会津田島祇園祭は南会津町田島地区で、毎年
7月22日は例祭、23日は渡御祭(とぎょさい)
24日は太々御神楽祭(だいだいおかぐらさい)
と3日間開催される田出宇賀神社と熊野神社の
祭礼です。

京都祇園、中の津島(愛知)と並ぶ日本三大
祇園祭の一つと称し伝えられています。
八百弐拾余年の伝統があり、国の重要無形民
俗文化財に指定されてます。

期間中様々な厳粛な神事が執り行われ、七行
器行列、神輿渡御(みこしとぎょ)、子供歌
舞伎、屋台運行など多くの行事があるそうです。
それぞれの意味の深さに驚かされます。

大屋台はあまりの雅びやかさで、つい何度も
カメラを向けてしまいました。

数多く露店も立ち並び、たくさんの観光客が
訪れていました。
ひと回りして私たちが選んだのは、「会津ア
スパラとニンニクの串揚げ」、米粉を使った
「会津地鶏のナゲット」そして定番のたこ焼き。
アスパラの甘さと会津山塩の優しい味がいい
バランスでした。

そして、「もしかしてだけど・・・♪」でお馴
染みのお笑い芸人の「どぶろっく」のライヴ
ショーもあり、厳かな神事とはかけ離れたネタ
で、会場は大いに盛り上がりました。

今回観光したのは、祇園祭の一部でした。
意味をよく理解してから、3日間の一連の祭を
また見に来たいと思いました。

この祇園祭の伝統を守るには、多くの地元の方々の
熱意と実行力が必要だろうと思います。
会津人のパワーの凄さや、会津の良さを新たに発見
できた夏の1日でした。
                   ~宍戸~


 

2016年7月4日

夏の風物詩 風鈴

「チリリ~ン、チリリ~ン」
暑い日差しの中で聞こえる、涼しさを
感じさせる音色・風鈴。

風鈴の起源は、中国で竹林に下げて風の
流れや音の鳴り方で吉凶を占った
占風鐸(せんふうたく)が始まりです。

お寺では風が吹くと「カランカラン」と
出る音で邪気を払い、音が鳴っている
間は災いが起こらないとして、お堂など
の四隅に吊り下げるようになりました。

仏教と共に日本へ伝わってきた風鐸。
平安時代、天災や病気を邪気のせいと
考えた平安貴族が、邪気払いとして
自分の家に吊るしたのが始まりです。

この風鐸が夏の「涼」をもたらす風鈴となっ
たのは、江戸時代です。

風鈴の音色が涼しいと感じるのは、日本人
独自の条件反射のようです。
風鈴の音色を聞くことで、風が吹いている
と思い込んでしまうようです。

現在はあまり見かけなくなりましたが、ジリ
ジリの炎天下で「チリリ~ン、 チリリ~ン」
という音色を耳にすると「涼」を感じ、ちょっと
得した気分になりますね。
               
これからが夏本番。この夏は風鈴を吊るして、
懐かしの風情を楽しんではいかがでしょうか。 
                     ~折笠多~


 

 

アイネット株式会社
〒965-0832 福島県会津若松市天神町30-52
TEL 0242-26-4934 FAX 0242-27-1013
E-mail info@mimamori.co.jp
Copyright © 2009 アイネット株式会社 All rights reserved.